<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

久しぶりに

久しぶりに、カワセミを初めて撮ったあの公園に行ってみることに。
現地に向かっている途中で雲行きが怪しくなり、雨まで降ってきました。

公園に着いたら大きな催し物やってます。
そういえば去年も連休のときやってたかも。
駐車場は入れず、池の周りもものすごい人出と見て取り、鳥撮りは中止。

そのまま帰るのももったいないので、隣にある、こちらもお久しぶりの飛行場へ向かいました。
カメラマン多数。

ここの飛びモノのスケジュールはまったく分からないのですが、今日は飛んでいるようです。

e0158916_23561347.jpg
輸送機と思われます。いわゆるペラカッチンにならないよう、シャッタースピードを遅くしました。
まだ速すぎるようですが、これ以下にすると手ぶれボツを量産しそうなので、無理はしないことに。

やがて艦載機が大挙して離陸して行きました。
いつの間にか空の雲もはけて、青空が広がりはじめてました。しめしめ。

e0158916_23564978.jpg
通常は1時間半くらいで戻るのでのんびりしていたところ、#100が離陸後1時間ほどで帰ってきました?

家に帰ってから写真見てたら、胴体の下の増設燃料タンクがついていないのに気がつきました。
胴体下がやけにスッキリしてます。
燃料少な目に積んで、ちょっと一回りって感じでしょうかね。

e0158916_043029.jpg
その後に戻って来たうちの一機がほぼ真上でズバっと旋回しました。

鳥撮りは出来ませんでしたが、一度ヨン様でこちらの艦載機も撮ってみようと思っていましたので良かったです。
このくらいの距離から撮るとヨン様の素晴らしさが実感出来ます。
後はセンスかぁ^^;

by yoshioyaji | 2010-04-30 00:13 | 飛行機 | Trackback | Comments(8)
2010年 04月 27日

メラメラで...

鳥が続きましたが、羽田にも行っていたので飛行機の絵も。

e0158916_23255414.jpg
城南島で着陸をば。
SNAの737はなかなか気に入るのが撮れなかったのですが、やっとなんとかなりました。
この角度から見ると、いつも尾翼のシワが気になります。

e0158916_23302384.jpg
同じく城南島。夕日が機首に当たって、前の脚も良く撮れたと思います。
もう少し空の色が暗くなっていたら良かったのですが...

e0158916_2332297.jpg
別の日、京浜島から。
天気は良かったのですが、ひんやりした風がかなり強く吹いてました。
それなのに陽炎モヤモヤでどうもなりませんでした。
誘導路ってけっこう下がってるんですね。脚がぜんぜん写りません。
小さい機体は半分くらい隠れちゃってます。

e0158916_23344393.jpg
このエンジンからのモヤモヤは許される、というかむしろ歓迎されます^^;
あちら側の建物がちょっとあれですが、立ち位置をもっと公園の突端側に移動すれば避けられると思います。
屋上にトラックが停まってますが、あそこはいい眺めだろうなあ。
有料で開放してくれませんかねえ...

e0158916_23375117.jpg
ガルフはいつも22で降りてくるような気がします。
ここからだと滑走路に下りるところが見えるんですね。
今まで22の時は城南島に行っていましたが、今度は京浜島から眺めてみようと思いました。

by yoshioyaji | 2010-04-27 23:40 | 飛行機 | Trackback | Comments(8)
2010年 04月 24日

新緑でとまりモノなど

またまた公園に行ってきました。
朝少し出遅れたので飛びモノはさっぱりでした。

結果とまりモノばかりが手元に...
時期柄、新緑葉っぱの生える本物の枝に止まっているもの貼っておきます。

今日は7D+1.4x+三脚です。

e0158916_208364.jpg
背景暗めで良かったのですが、枝が....
天然モノなんで仕方ないですヽ(;´Д`)ノ
F5.6, 1/200 sec, ISO 250

e0158916_2095026.jpg
トップからの光はさえぎられるので暗くなってしまいます...
F5.6, 1/1250 sec, ISO 2500
止まり物なんで、こんなシャッタースピードいらなかったカモ。

e0158916_20105213.jpg
これ、ヤナギですよね?
葉っぱもの撮るとRAW開くのにすごい時間かかります。
F5.6, 1/1250 sec, ISO 1000

e0158916_20152657.jpg
おまけ。
雲台はこんな感じ。
もっていた自由雲台のクランプがアルカスイス形だったので、ヨン様と一緒にRRSのレンズ脚も購入しました。
レンズの脚座にプレートつけるより楽かなと。

自由雲台はコンパクトで良いのですが、やはりレンズ振るのはちょっと難しいと感じました。
ボール固定したり、緩めたりもけっこう煩雑で...

それでビデオ雲台とジンバルを検討しました。
サイドキックだとクランプもプレートもそのまま使えるし、なにより一番安上がりってことで購入しました。
メーカーの通販サイトから購入して、運賃込みで約28,000円。

とても使いやすいですが、これより太いレンズ使う場合、スペーサー付けて位置調整しないとバランスが
取れないかもです。
ま、これより太いの購入する予定はないですが...
レンズの着脱はクランプが横位置なので、ちょっと難しいです。
油断してると落とすカモ...
というわけで、今普通のジンバル雲台注文しています。サイドキックより大きくなりますが、
クランプは普通の雲台と同じ位置に来るので、着脱の際は安心かと期待してます。

by yoshioyaji | 2010-04-24 20:31 | 野鳥 | Trackback | Comments(4)
2010年 04月 20日

ダイブ

カワセミ眺めてると、実に良く食べることに驚きます。
池にポチャンと飛び込んで、エビやら魚やら捕まえてますが、
見てるとエビなんかけっこう大きいの丸呑みしちゃいます。
エビも小さいながらハサミなぞありますが、胃とか丈夫なんでしょうね^^;

日曜日の早朝、近所の公園に出張ってみました。
この時間帯、止まり木のある側は日が当たっていないので、日当たりのある側で様子を見ました。

カワセミもさすがに明るい所のほうがエサ探しが楽とみえ、こちらに近い所にでてきました。
止まり木の設置のないところでは、立ち木の枝に止まり、そこからいったん池の上に飛んで、
数秒空中で静止(いわゆるホバリングですね)、獲物を見つけてダイブします。

かなりチャンスがあったのですが、木から飛び出した所でファインダーから見失い、
肉眼で位置を確認してからカメラの向きを変え、ピントを合わせて...
と、まごまごやっているうちに獲物に向かってダイブしてしまうんです。

ファインダーの真ん中に捉えているのに、さっぱりピントが合わずというのも何度もありました。
鳥との間に少し距離がありましたので、小さすぎでセンサーに引っかからないのかもしれません。
背景も林だったのがAFを迷わせたのかも知れません。

さすがにこの朝は十数回ホバリングがあったので、何回かはうまく捉えた写真もありました。

あちこちのブログを拝見してますと、画面からはみ出すくらい大写しに捉えている方がたくさんいらっしゃいますので、私のはとても恥ずかしいですが、せっかく撮れたので、載せちゃいます。

e0158916_20465937.jpg
ホバリング中。これがファインダーの中に出てきただけでも感激ひとしおです。

e0158916_20474963.jpg
獲物ハケーン。

e0158916_20483870.jpg
体の向きを整えて。

e0158916_2049517.jpg
獲物に向かってまっしぐら~。
クチバシ半開きで行くんですね。

水に飛び込んで何か獲物を咥えたようですが、追いきれませんでした。

by yoshioyaji | 2010-04-20 20:52 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
2010年 04月 18日

近所の公園で

土曜日の朝起きたら庭の一部に雪のようなものがあってビックリ。
本当に降ったんですね...

昼ごろから日差しも戻ったので、近所の公園にまたまた行ってきました。
今回はサイドキックというジンバル形雲台を持参しました。
三脚は相変わらずのトラベラー三脚なんですが、やはり待機中が格段に楽ですな。
(三脚は周りの方から「ずいぶん細いが大丈夫か?」とご心配いただきました^^;)

三脚のおかげでしょうか、飛び物の歩留まりが格段に良くなりました。

e0158916_2051262.jpg
ダイブしてから離水したところ。
飛び込んでは戻りを繰り返してましたので、チャンスが何回かあったのがありがたい。
水浴びしていたようです。
撮ったままの状態では振り遅れて鳥が中央に入っていません^^;
そのため画面比を1:1にして、鳥が中央に来るよう左右方向のみトリミングしてます。

e0158916_20555681.jpg
曇ってしまって残念ですが、飛行機の離陸みたいなのも撮れました。

飛び物を何点か残すことができたので満足しました。

by yoshioyaji | 2010-04-18 20:57 | 野鳥 | Trackback | Comments(4)
2010年 04月 12日

おじさん号のことなど

おじさん号は1990年製、私のところにやって来たのが2002年。
手元に来てから、あちらこちらと7万キロ走りました。
348の場合は売却のとき必ず買いたたかれますから、乗りつぶす覚悟で走らせて来ました。
この手のクルマのユーザーとしてはかなり乗ったほうではないかと自負してます^^;

e0158916_21112574.jpg
試しにヨン様で撮ってみました。意味ないか^^; 

348という車、お馬様軍団の中では壊れやすいなど言われ不人気車の代表ですが、決してメカ的に致命傷がある失敗作とは思えません。ところどころ部品の作りなどに「?」というところもありますが、商品として失格ということはないと思います。。

世の中の348不人気を作り出した信頼性に関する悲しい定説は、発売された時代背景が一因ではないかなと思うところがあります。この辺、8年間のオーナー生活から身をもって体験したことなどをベースに確信しているのですが、ここまでにしておこうと思います。

不幸な伝説はさておき、私なりに考える348の泣き所というのをあげるとしたらそれはズバリ、
「車重が重い!」
に尽きると思ってます。

おじさん号の車検証記載の車重は1490kg。
これ、歴代V8ミッドシップモデルの中で二番目に重いんですよ。

355、360は348より車重が60キロくらい軽くてエンジン出力は大幅にアップ。430は348より20キロ重いですが、エンジンが500馬力近いですから大パワーと高速性能を支えるために補強が必要だったと思われます。一方328はエンジン出力こそ348より小さいですが、車重が100キロ以上軽いです。
348はボディの構造がセミモノコックに移行した過渡期モデルであるとは言え、この車重はいただけません。
走る、曲がる、止まるとどれをやってももっさりした印象になってしまいます。

重いからなのか、シャシーの完成度が低いのか、あるいはその双方があいまってか、車体の剛性感もイマイチの感じです。348の前に328GTSに乗っていましたが、フレーム構造+軽い車体で348よりも車体の剛性感ははるかに高かった印象があります。エンジンのフィーリングだとか、ハンドリングの癖だとか、個人の好みや主観によるところは判断が難しいですが、車体が重いというのは客観的に不利なところだと思います。

e0158916_20591139.jpg
348の前に乗っていた328。手もかからず乗りやすくていい車でした。ボディパネルの造作も手が込んでいて芸術的でした。

最近、全天候出動可能なポル様が気になってます。
サーキットのスポーツ走行を見たときにスゴイ車だなあと思いましたですよ。ほとんどノーマルの状態のポル様軍団、それで富士スピードウェイに出動して、スポーツ走行30分枠を平気で走りきっていました。サーキット走行というのはエンジンやらブレーキやらにえらいこと負担がかかりますので、本格的に走ろうとするとあちこち対策するわけですが、ポル様の場合、そのままでも行けちゃうんですよね。もちろんさらにタイムアップてなことになれば、それなりに本腰入れた対策が必要になると思いますが...

私はサーキット走りしませんので、「スゲー速い」という性能要素は必須ではないんですが、「無理しても壊れにくい」というのは普段使いのマージンとして重視したいと思うんです。またメカ好きおじさんとしては、そのようにしっかり作られたクルマというものに興味がそそられるわけです。

ポル様なら普通に乗れますので、348持ってるがゆえに必要なおじさん2号も不要になってメデタシメデタシではないかと。車一台減らせれば経費がずいぶん違いますからねえ。

そんなこんなで、ポル様が気になって仕方ない今日この頃。
どうしたものかなあ....

by yoshioyaji | 2010-04-12 16:48 | 雑記 | Comments(12)
2010年 04月 11日

トリトリ

先週行った池の公園を再訪しました。
駐車料金がちょっと高いところがアレですが、家から車で10分とお気楽なのでよしとします。

今日は7D+ヨン様+1.4xテレコンという、無謀にも1100mm相当のいでたち。
しかも足回りは貧弱トラベラー三脚^^;

カワセミさまはそこそこ飛び回っていましたが、やはり飛んでるところはさっぱり追えませんでした^^;


e0158916_14103427.jpg
近くの止まり木に来たところ。
このくらいの距離だとテレコンつけてもそこそこの解像があるようです。
拡大すると少しぶれてるようなので、あとはシャッタースピードと三脚でなんとかしないと....

e0158916_14124618.jpg
離れた所にある止まり木に夫婦(多分)登場!
なにを語っているんでしょうね?
しばらく仕草を見てましたが、なかなか面白いもんです。
↑ 画の上に空が入ってしまったので、トリミングしてます。
換算で1500mmくらいではないかと思います。
さすがに画質は厳しいです。

e0158916_14161563.jpg
じゃれているのか、♂くんが怒られているのか?
下から見上げているカメの視線がナイスなんですが、ブレとピンボケになってしまいたいへん残念 orz


次は、まぐれの一枚。

この日400枚近く飛びを撮りましたが案の定、わけの分からんボツ写真ばかり..
しかしかろうじて画面に収まっているのが3枚でてきました!
e0158916_14241838.jpg
これ、写っていたのはうれしいのですが、まったく偶然撮れたというのがちょっと...

ある位置にピント固定していたときに飛んできたので、あわててレンズを向けてシャッター切ったら偶然収まったようなんです。
ファインダー覗いて追いかけたわけじゃないので、撮った!という満足感はありません^^;
とりあえず記録として残しておこうと思います。

ある程度歩留まり上げるのに照準器などどうなのか気になる所ですが...
まずは鳥の動きを研究して、ある程度予測できるようにならないとイカンなあ。

by yoshioyaji | 2010-04-11 14:40 | 野鳥 | Trackback | Comments(4)
2010年 04月 05日

カンパーイ

桜が咲いたら一気に寒くなりました。
そんな寒空の週末、娘の用事につき合わされました(要は運転手さん)。
たまたま以前からカワセミさまが登場すると聞いていた公園の近くだったので、
待ってる間に覗きに行ってみました。

お花見の人で盛況な公園内で、三脚立ててる方が数名。
カワセミの出番待ちと伺い、お邪魔させていただきました。

しばらく待っていたら、どこからともなく主役登場です。
e0158916_1181312.jpg
常連の方によると♀だそうです(どうやって見分けてるんでしょう?)
手前の枝...

ここから数回池にダイブし、別の枝からも飛び込み、ホバリングも数回とサービス満点でした。
が、写真はすべて空振り。そもそも画面に入っていないし、数枚かろうじて入るも激しいピンボケで
「なんか青っぽいのが写ってるなあ...」という悲惨な状況でした。

超望遠で飛び物撮ってる人はすごいや。尊敬いたします。

サクラの枝にも留まってくれるという大サービスも何度かありました。が...
e0158916_125349.jpg
いずれも立ち位置が悪く、空抜け、逆光といいとこなし。
こういう場合は躊躇することなく立ち位置を変えなければいかんのですが、フットワーク悪すぎます。

途中からもう一羽登場。
常連さんによると番の相方だそうです。
2羽は同じ木にいましたが、同じ枝に留まることなく、すぐに♀は姿を隠しました。
常連さんによると林の中から囀っているそうです。

e0158916_130865.jpg
♂くん、登場したとき嘴に土がついてました。
穴掘り巣作りの真っ最中なんですね。
もちろん一回ダイブしたらすっかりきれいになっていました。

いや~、それにしても飛んでるところは完敗でした(^^:
これまでサンヨンや100-400では数打つ中になんとか画面に納まったものもありましたが、
ゴ・ヨン様では掠りもせず...
せっかく手に入れたのだから、何とかしてものにせねば....

by yoshioyaji | 2010-04-05 01:41 | Trackback | Comments(6)
2010年 04月 03日

芝浦

桜満開で喜んでいたらとてつもない強風で熟睡できず...
朝方も吹きまくって、あちこち電車が遅延・運休とありました。
3路線乗り継いで通勤するので、こんな日はえらいこと時間がかかりそな予感。
大事をとって車で出勤しました。

仕事を終え、前日徒歩で行ったレインボーブリッジの芝浦ループにカメラ持参で出動。

昼間と打って変わって気温11度。寒いっす。

e0158916_1513493.jpg
まずはレインボーブリッジの橋げたを下から見上げて一枚。
実際に仰ぎ見るとメチャでかいです。
人間はすごい...

e0158916_153787.jpg
ブリッジの下層部分を走る一般道のアプローチループ。
「ゆりかもめ」も並走してます。
ここのループ全体撮るには魚眼的レンズが無いと無理です。

e0158916_1553694.jpg
海沿いには高層マンションがぎっしり。
昔は倉庫が多かったですけど...
東京はお金持ちが多いんだなあとつくづく思うところです。

金曜日だからでしょうか、てんぷら屋形船(?)がひっきりなしに運河からでてきます。
ゴマ油の香りがほのかに...

e0158916_1585491.jpg
橋にあがるエレベーター運転されていたので(8時半までだそうです)登ってみました。

6階と表示されてましたが、普通のビルの6階より高いようです。

眺めはたいへんよろしいのですが、走行する車の重みでかなり揺れます。
トラックなんか通るとかなりすごいです。
桁の間隔が広いので真ん中の方はもっと揺れるんでしょうね^^;

夜景撮りのスローシャッターにはきつい揺れです。

もう少し暖かくなったら、お台場まで歩いて渡ってみようと思います。

by yoshioyaji | 2010-04-03 02:03 | 雑記 | Trackback | Comments(2)