おやじくん乗り物写真

yoshioyaji.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:乗り鉄( 69 )


2016年 06月 09日

お気に入りの場所

前記事の380を撮った後、夕空バックで離陸機を横からも撮ろうと思い場所を移動。
久しぶりに訪問したこの地域も造成が進み、施設や建物が増えていて驚いた。


地上物の干渉を避けるため何度か位置を変え、まあ良かろうという場所に落ち着いたころには夕空の発色も終わりに差し掛かっていた。

e0158916_20543087.jpg
Nikon D5, AF-S 600mm, ss 1/1000, f5.6, ISO400
場所探しに手間取ったものの、空の色が落ちる寸前にJA802Aの離陸を収めることができ、満足のいく撮影となった。

これからさらに町作りが進むとここでの撮影は難しくなるだろうなあ。

by Yoshioyaji | 2016-06-09 21:09 | 乗り鉄 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 09日

A380夕空

エアバスの380はでかいから置きやすい。

いい具合の模様のあたりを通ってくれた。

e0158916_011225.jpg


雲の向こうでも太陽の光は強烈で、白飛び抑えて撮るとほかの部分がえらく暗くなってしまう。
そこは画像の後処理が必要だ。

by Yoshioyaji | 2016-06-09 00:13 | 乗り鉄 | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 26日

久しぶりに電車乗り

夏のおじさん切符の期間になりましたので、久しぶりに鉄道乗りにいってきました。

今回の目的は
①昨年開業した新幹線の八戸~新青森間乗車
②私鉄乗りつぶしの一環として、弘南鉄道乗車

金曜日の業務終了後、新青森行の新幹線に乗り込みました。
おじさん切符の時期であるのと、JR東日本パスも発売されているせいか満席でした。

しかしまあ私が言うのもなんですが、乗り鉄おじさんの中には特有の雰囲気を放つ人がいますね。
世間的にドン引きされるのもわからんではないっす(^^;
気いつけないと...

東京から新青森まで4時間半、ちょっくら行ってくるわ、というには少し長いですが、久しぶりの長距離列車旅に満足し新青森に到着。

これで八戸ー新青森間を乗車しましたので、JR東日本の路線乗車率が100%に戻りました(^^v

青森駅前のホテルに宿泊し、翌日は弘南鉄道の2路線乗車のため弘前市に向かいました。

まずは大鰐線。
e0158916_754852.jpg
なんか店舗的な雰囲気の中央弘前駅。
JRの弘前駅から結構離れたところにあって、しかもこのたたずまい。
見つけるのに難儀して、3分違いで一列車のがしてしまいました。

リンゴ畑を見渡しながら、30分ほどで大鰐駅に到着。
e0158916_7161380.jpg
乗車してきた車両は総和38年製の元東急線車両。
つり革についてる広告が当時のままで、ディープ昭和世代としてはたいへん懐かしく思いました。
しかし電車ってのは長持ちするもんなんですね。

大鰐駅近くに新し目の日帰り温泉施設があったので、次の電車までの合間に大至急入浴。
結構なお湯でございました(^^v

再び弘前駅に戻り、今度は弘南線へ。
こちらの路線は駅がJRに隣接なので迷うことなく無事乗車。
30分ほどで終点の黒石駅に到着。

e0158916_724115.jpg
終点駅の典型的な風情ですが、東急車両の展示場みたいにも見えます。

乗車中、車窓から立派な山が見えてました。
岩木山、津軽富士とも称されるそうです。
e0158916_732166.jpg
車中からはド逆光になってしまいましたが、広々とした素晴らしい眺めでした。
今度は夕日の時間帯にゆっくり撮ってみたいものです。

これで弘南鉄道の乗車完了し、東日本地域の私鉄完全乗車にも一歩近づきました(^^v

おまけ

by yoshioyaji | 2011-06-26 07:48 | 乗り鉄 | Trackback | Comments(18)
2010年 10月 08日

結局のせる

鉄道関係ですが、昨年関東一都六県+山梨の私鉄・地下鉄・公営路線(除くケーブルカー)の全乗車を終え、軽く達成感に浸っておりました。 
しかし今年になって乗りつぶしオンラインの乗車率を見たら、京成電鉄が67%に低下! 
成田アクセス線が開通したので、未乗車区間になったわけです。
で、先日夕方用もないのに往復してきました(^^; とても速いですね。

懸案の鉄道写真ですが、これがまた実に難しい。
乗りつぶしのときに駅でパシャと取るのは記録用と割り切ってますが、カッチョ良く撮ろうとするとなかなかうまく行きません。
やっぱり撮影する場所の選択というのが大事なんだなあと思います。

e0158916_6571794.jpg
寒河江駅構内。この左沢線の車両は専用塗装なのでイケてます。

e0158916_723452.jpg
ドライブに行ったとき、中央線の駅でチャレンジ。
左側の白い柵が気になります。ヘッドライトが強烈に明るいので、朝夕の光量少ないときは難しいです。

e0158916_75130.jpg
新しい方のJR武蔵小杉駅ホームから新川崎方向。
ここは逆光、ビルの谷間、線路脇に機材ゴチャゴチャで...
向こうの高架から降りてくるところが面白いかなと思いましたが、ちょっと距離があります。
奥にクルマが写ってますが、あそこの踏切は結構交通量が多いです。

e0158916_793359.jpg
上越線、水上駅付近。
川の写真撮ってたら、鉄道写真ぽい人たちが川沿いを一目散に進んで行きました。
なんだろうとついていったら線路際にずらりとカメラが並んでました。その場所までどうやって行ったのか、謎。
私は川に戻って30分ほどしたら、汽笛とともに夏の臨時SLみたいなのが来ました。
手前の草がちょっと...

e0158916_7191091.jpg
新幹線三島駅ホーム。
車両基地のようなものがあるので、線路、架線が思いっきり複雑です。

e0158916_7411545.jpg
「鉄よりケータイ」

これからもガンバリます。

by yoshioyaji | 2010-10-08 07:23 | 乗り鉄 | Trackback | Comments(6)
2010年 08月 02日

鉄道乗りつぶし

土曜日に新潟へ行き、越後線に乗車してきました。
ついでに、昔乗った記憶があるけど定かでない直江津-長野、長野-松本間も同じ旅程で組めたので合わせて乗ってきました。
思い立ってから約2年半、これでJR東日本の営業全路線の乗車完了しました。

下は乗りつぶしオンライン生成の地図です。
e0158916_1623521.jpg
こうしてみると結構な路線長ありますね。
あちこちに見られる盲腸線と呼ばれる部分は苦労しました(^^;

乗りつぶしって、「○×日間で乗りこなす」とか、「家に帰らず駅寝もセット」とか、「往復必ず乗る」とか、「全部普通列車に乗る」とか、「全部の駅で下車する(無理か...)」などなど、特にこだわるところがなければ、特段努力しなくても何とかなるわけです。

だから終わっても自己満足だけで、「それでなんでつか」などと聞かれると困るところでもあります...
ま、あえて言うなら私のこだわりは、「景色が見える昼間の乗車+乗車中は寝ない」の2点です。

もともと電車で移動するのは好きなんですが、見知らぬ場所の車窓風景をぼーっと眺めてるだけというのも乙なもんです。
これからも余った時間で肩肘張らずにのんびりやってれば良いかななどと思ってます。

とりあえず同じころから始めた関東一都六県の私鉄・地下鉄乗車も全部乗り終わってますので、次からは今まで通って気になったところをゆっくりと訪ねようと思ってます。

JR西日本、四国、九州、北海道の乗車はほぼ手付かずの状態ですが、これらの方面は時間と資金に余裕がないとなかなか難しいですね...
JR東海はあと一歩なんですが、行くとなると2-3日かかりそうなので躊躇してます。
いずれ機会があれば行ってみようと思います。

今回は写真がいまいちでこれといったのがありませんでした。
二本松と姨捨のスイッチバックはおもしろかったのですが、乗ってると写真に撮れないんですよね。

一応証拠写真追加しました。
e0158916_2110129.jpg
ある意味今回の目玉は「とき313号」。
東京の次は新潟。大宮ですら通過してしまうという離れ業。
東海道新幹線ならば、東京の次が大阪みたいなもんです(違うか)。
一度乗ってみたかったんですが、今回越後線が11時40分と遅めだったので念願かないました(;´Д`)

e0158916_21133929.jpg
@新潟駅。乗ったわけではありませんが、在来線ホームにいました。

e0158916_21274667.jpg
@柏崎駅。肝心の越後線は... 普通でした。
70-200mmで後ろにさがれず、やむなく切り取りました(^^;


e0158916_2115349.jpg
@長野駅。直江津→長野は普通列車ですが、妙高号と名前が付いてました。
これ、長野新幹線ができるまで走ってた在来線あさま車両ですかね?
直江津→上野間に乗ったような気がするんですが、確信がありませです。
この日はなんだかんだで800㌔以上乗車しましたので、ここで乗り心地のいい車両はありがたかったです。
途中、妙高高原にいたるまではスイッチバックがあるほどの急勾配にびっくりです。
モーターが熱くなっているような匂いがしてました。

by yoshioyaji | 2010-08-02 16:24 | 乗り鉄 | Trackback | Comments(6)
2010年 07月 11日

山形ヘドライブ&乗り鉄

山形ヘドライブ&鉄道乗車「26時間の旅」に行ってきました。

豪雨があがるのを待って、山形自動車道の寒河江SAを目指して深夜に出発。

e0158916_2195483.jpg
東北道、那須塩原付近で日が昇り、雨雲の残りに日が当たっていい感じでした。

寒河江で降りて、左沢駅を目指します。

左沢線(あてらざわせん)は3年前に仕事で寒河江に来た際に山形-寒河江間に乗車しました。
今回は未乗車だった左沢-寒河江の短い区間を往復しようというものです。

寒河江駅と左沢駅のどちらを起点にしてもよかったのですが、左沢駅の方が駐車スペースがたくさんあるようでしたのでこちらにしました。
駅に隣接した公共駐車場に車を置かせてもらい、上り列車を待ちました。

列車は2両編成。数えるほどの乗客を乗せて出発。
沿線は稲作地帯に混じってさくらんぼ栽培が多く見受けられました。
収穫は盛りをすぎている様子でしたが、ところどころ真っ赤な実をどっさりとぶら下げた枝も残ってました。

10分ちょっとの乗車で寒河江駅に到着。
左沢駅に戻る下り列車まで少し時間があるので付近を探訪。
日が照っていたのでものすごく暑かったす。

左沢駅に戻り、折り返し上り列車の出発を撮って撤収しました。
e0158916_21361467.jpg
寒河江から一緒に乗ったおばあちゃんと3才くらいの女の子が、折り返しの列車で戻って行きました。
午前中のお散歩だったんでしょうかね。

午後は山形鉄道にも乗ろうと思い、米沢方面に移動しました。
荒砥駅に車を置いて、赤湯駅まで往復乗車しようと思っていたのですが、赤湯行きの列車に乗り遅れてしまいました。
次の列車まで1時間半あります。
待ってるのももったいないので、赤湯駅まで車で移動して、そこから荒砥まで往復乗車することに。

3-40分走って赤湯駅に到着。駅前駐車場が満車でびっくりしました。
しばらくしたら新幹線が到着し、お客さんがはけたら駐車スペースが何台分かあいたので無事停めることができました。

山形鉄道は、JR民営化の際に廃止することになった路線を引きついだ3セク方式の会社だそうです。

e0158916_22122624.jpg
赤湯駅出発時には乗客数名でしたが、途中の駅で高校生がたくさん乗ってきてにぎやかになりました。
稲作地帯をひた走る路線で、ものすごく見晴らしが良くて風景を楽しめます。

1時間ほどで先ほど車で訪れた荒砥駅に到着。
写真撮ろうと思ってたのですが、折り返し運転まで5分とのことで、駅のスタンプ押すのが精一杯でした^^;

赤湯行きの列車には観光旅行の団体さんが途中駅まで乗リ合わせました。
山形鉄道の職員さんが山形弁を交えながら沿線の様子などを解説していました。
この説明、すごく要を得いていて分かりやすく、やわらかい山形弁とあいまってとても楽しいものでした。
乗り合わせてラッキーでしたヨ。

途中解説を聞きながら見事な光景があったのでカメラを引っ張りだしました。
e0158916_22215141.jpg
遠くに山、一面の稲田、そして線路。
傾きかけた夕日の光で全体的にやわらかい感じのとても素敵な風景でした。

赤湯駅に再び降り立ち、駅前のお菓子屋さんで家へのおみやげを仕入れて撤収。

福島まで一般道を走り、東北道に乗ることにしました。
米沢市内で入場料300円の「ゆるい」立ち寄り湯に入り、街道沿いのチェーン店で夕飯。

暗くて様子が良くわかりませんでしたが、福島・山形の県境あたりはものすごく長いトンネルがいくつもあり、さらにあの「板屋駅→」という看板が出てきたりして、難所なんだろうなあと思いました。
冬場に訪れる勇気は失せました (^^;

東北道は時間帯のせいか、ものすごく空いてました。
頑張って走った(^_^;)のですが、スタンプ押しのために各SAに寄ってきたのでそれなりに時間を食い、
短い仮眠取ったりしたので、家に着いたら朝の3時でした。

出発から到着まで約26時間。
昼過ぎまで爆睡し、それから投票に行きました。

充実した週末でした。

おまけ...

by yoshioyaji | 2010-07-11 21:52 | 乗り鉄 | Trackback | Comments(6)
2010年 06月 29日

久しぶりに鉄道乗り

土日きっぷがパワーダウンした今、JR東日本のおいしいキップは「おじさんにしか買えない3日間乗り放題12,000円きっぷ」だけになってしまいました。これも昨年までは設定期間が年4回だったのが今年から2回になっていますので、大幅なパワーダウンとも言えますね。

で、行ってまいりました、JR東日本乗りつぶしの2日間。
さすがに金曜、月曜は休みにくいので、一日分は無駄になりますが、そもそもスゲー安いので...

今回は目的が4路線で、未乗車だった陸羽西線の新庄→余目間の乗車。昨年車両トラブルで2駅間代行輸送となり完乗できなかった磐越西線、2年前豪雨の影響で一部区間代行輸送となり完乗できなかった只見線、攻略しかねていた弥彦線の乗車であります。

磐越西線と只見線はなにしろ本数が少なく、特に只見線は他路線との接続がとても悪く、なかなか再チャレンジの意欲がわきませんでした。が、JR東日本の未乗車区間もかなり少なくなってきましたので、完全乗車を目指してクリアしていくことにしました。

一日目はまずまずの天気(というか余目・酒田はチョー暑かった)でしたが2日目は天気も悪く、撮影は厳しかったですが、それでも頑張って何枚か撮りましたので貼っておきます。

e0158916_0311487.jpg
酒田→村上間で乗車した普通列車。
電化区間ですがディーゼル車運用の心意気に感じ入りました。
塗装も組み合わせもすごすぎです。

e0158916_0331444.jpg
只見線。少し前にすーさんが乗車されてましたね。
次に乗る機会があれば、是非天気の良いときにしたいものです。

e0158916_035186.jpg
もしかすると以前kotodaddyさんがお仕事のついで(笑)に行かれた駅かもしれません。
意外と本数が多いので(一時間に一本以上)びっくりしました。
乗客も多かったです。地元の足として活躍しているようです。

今回で上の4路線は無事に乗車完了。

JR東日本路線、残すは左沢線の一部区間、越後線全線、信越線の一部区間のみとなりました。
次回のおじさんきっぷ冬の陣で頑張ろうと思います。

いや、今夏の設定期間は7月6日までなので、頑張れば次の土日も行けるか(笑

by yoshioyaji | 2010-06-29 00:43 | 乗り鉄 | Trackback | Comments(8)
2009年 11月 17日

三陸と磐越 鉄道乗りっぱなし...

3日間、修行のように鉄道乗ってきました。
天気は1勝2敗でしたが、岩手県内の山間部では見事な紅葉を見ることができ、満足いたしました。
e0158916_22451425.jpg
釜石のホテルから撮った製鉄工場。高炉はなくなったそうですが、近代製鉄の礎と聞きました。

ひたすら乗車していただけなので、これといった絵も記事もありません。
以下、写真がだらだらと続くだけなので興味なければスルーしてください。

e0158916_17563546.jpg
石巻線終点の石巻駅にはこんなフィギアが。
私の世代だと009に特別な思いのある人も多いと思います。
ストーリーは完結しませんでしたが、最後のテーマはかなり重かったので、あれでよかったのかも...
ライダー君の方はあまりよく知りません。
石巻線では編成丸々キャラクターを配備したラッピング列車も見かけました。

e0158916_1757018.jpg
ちょっとさみしい女川駅前。
でも食料品屋さんで大好物のハムカツを発見。
しかもなんと一枚31円。
あちこちでハムカツを物色していますが、沼津のお店と同じ値段で今のところ最安値です。
揚げたてをおいしく頂き、お昼にしました。

e0158916_1758276.jpg
一ノ関駅構内で京浜東北線の一編成発見。
これからこのあたりを新たな仕事場として走るんでしょうか?
(ぁ、交流直流の違いで走れませんか。)

e0158916_17585828.jpg
一日雨でしたが、夕方少し陽がさしました。
とても綺麗な色と雲の形でしたが、車中からではうまく撮れず、下車するわけにも行かず...
なんとか一枚撮りましたが、車内の明かりも写ってしまいました。
こういうときにPL使わにゃいかんですね。

e0158916_23132431.jpg
朝日を受ける釜石の製鉄所(夜と同じ位置で撮影)。
すぐ後ろに山が迫っているので工場の音がすべて町の方に反射してきます。
結構大きな連続音でした。
工場は連続操業だと思いますが、住んでる人は慣れてしまっているのでしょうね。

e0158916_2314062.jpg
釜石駅前を流れる川。
ボロボロになった鮭(と思う)がたくさん泳いでました。
産卵の時期なんですね。
お疲れ様です。
緑の中にポツンと赤や黄色の紅葉樹があると映えますねえ。

e0158916_1854711.jpg
急に虹が。

釜石線は途中急こう配で山を登るため、U字にターンする箇所がありました。
グングン登ってターンし、先ほど通った線路がはるか下に見えおおって感じでした。
景色もよくて楽しめます。

e0158916_187647.jpg
快晴の気仙沼駅。
昨日も通っているのですが、乗りつぶしの関係で戻ってきました。
ここから気仙沼線に乗り換えです。

途中から海岸線を走り、リアス式海岸の風景を堪能することができます。

これで三陸方面のJRは完全乗車しました。
途中景色のよいところが多く、また岩手県の大きさを実感することもできました。
またぜひ行ってみたいです。あちこち見るなら車の方が便利ですけどね。

古川から東北新幹線で郡山を経由して会津若松へ。

e0158916_18105710.jpg
ホテルの窓から朝の会津若松。
天気は悪そうです。
一年前に只見線に乗って途中運休になった時もこんな空模様でした....

e0158916_2314333.jpg
磐越西線のすれ違い駅で。
こんな混成運転もできるんですね。
400mm位のレンズなら良かったと思われます。

磐越西線は基本的に阿賀野川沿いを走ります.
水量豊かな川面と切り立った山が絡まり、紅葉が色を添える絶景続きでした。
道路の無いところもかなりありましたので、鉄道ならではの車窓ではなかったかと思われます。

途中駅で運転時間調整と思われる10分ほどの停車を終え、発車の合図でエンジンがうなりをあげましたが、走りませんでした??
普通エンジンの回転が上がると、ゴツンっというショックとともに前進するんですけど...

何度か同じようにエンジンふかしてますが、前進しません。
変速機がニュートラルに固定しているようです。

案内では点検は続けるが、代替え輸送のタクシーを手配しました、とのこと。

ありゃ~、これは去年の只見線と全く同じ状況です。
代替輸送はありがたいですが、乗りつぶしに来ている私にはちょっと...

新潟に向かうタクシーと2駅先の拠点駅である津川駅に向かうタクシーがきました。
どうなるかわかりませんでしたが、とりあえず津川駅行きを選択しました。

津川駅で待っていたら、故障した列車が推進運転で到着。
最後尾の車両は運転可能だったので、車掌さんが先頭車に座り、最後部の運転席に座る運転士さんに電話で指示を出しながら走ってきたようです。
e0158916_2315541.jpg
確かに止まってしまった駅はすれ違い線がなかったので、そこから動かさないことには後続や反対方向の列車がどうしようもなくなりますからねえ。

JRの整備関係の方が数名で格闘していましたが、どうもうまくないようでした。

e0158916_2315354.jpg
一時間くらいしたら後続の新潟行き快速がほぼ定刻で到着しました。
これに乗って新潟へ向かいました。(表示幕は普通ってなってますが快速です...)

磐越西線も未乗車区間が2駅間残ってしまいましたが、絶景路線だったので、また改めて乗りに行こうと思います。
あっ、只見線もあるんだよなあ。
2泊しないと駄目かなあ....

ひたすら電車乗った3日間でした。
お粗末さまでした。

by yoshioyaji | 2009-11-17 18:45 | 乗り鉄 | Trackback | Comments(2)
2009年 11月 13日

JR東

この週末は久しぶりに電車乗りに行く予定です。
今回は岩手県内のJR未乗車区間(と三陸鉄道)に取り組みます。

下は「乗りつぶしオンライン」さんのところで作成したマップです。
e0158916_1711855.gif


最短で回りたいわけですが、たぶん一筆書きのようには回れませんので
1) 重複乗車が最小になるようにして、
2) 始点、終点が新幹線の駅になるようにして、
3) 乗り継ぎで時間が無駄にならないようにして、
4) しかし写真撮ったり、食糧買ったりの時間は確保できるようにして、
5) 乗車は明るい間になるように、
などなどの条件を考慮しつつ、時刻表と格闘しました。

悲しいかな、記憶力がどんどん衰えて、時刻表引くのも大変になってきました。
頭に入らないので、何度も引き直すんですよねえorz

完璧なプランかどうか怪しいですが、なんとか一泊2日で全部回れる予定ができました。
あとは初日の朝に寝坊さえしなければ...

2日目終了時点で体力(というか気力)が余っていたら、
郡山か会津若松に一泊して磐越西線と越後線・弥彦線も少し消化しておきたいです...

こうしてみると、去年の夏に集中豪雨で完乗できなかった只見線が悔やまれます。
ここ乗るのだけで丸一日かかってしまいますからねえ...

by yoshioyaji | 2009-11-13 17:17 | 乗り鉄 | Trackback | Comments(0)
2009年 07月 18日

おじさん切符旅 3日目

おじさん切符旅の3日目になります。

ホテルをチェックアウトしてから米坂線の発車まで2時間ほどありましたので、駅前探索に行きました。

e0158916_2133129.jpg

直江兼続という人物のポスターがあちこちにはってありました。

続きます

by yoshioyaji | 2009-07-18 22:41 | 乗り鉄 | Trackback | Comments(0)