おやじくん乗り物写真

yoshioyaji.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:未分類( 13 )


2017年 11月 22日

晴れ舞台

昨年のネリスエアショー、サンダーバーズの展示飛行終了後の一コマ。
e0158916_08211694.jpg
1番機コマンダーのご家族にとっても晴れ舞台だったでしょう。

底抜けに青い空、ゆったり参加できるショー、静粛の谷が忘れられず、来年秋はデスバレーとネリス再訪しようと思います。
一週間家を空けるのは留守家族に負担をかけますが、なんとかやり繰りお願いして実現したいです。


by Yoshioyaji | 2017-11-22 08:24 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 20日

政府専用機

先週、政府専用機が夕方の時間帯に羽田に降りるということで出動しました。
いつものパターンなら34R降りです。
夕日がやんわり当たるところを拝めそうだ。

よんどころない場所にて無線聞きながら待機。

どうやら34Lに誘導されているようです。
急遽陣地転換。

しかし最良のポジションに移動する時間はないので、妥協の場所にて撮りました。
e0158916_23392544.jpg
欲を言えばキリがありませんが、これはこれで美しく撮れて良かったです。


by Yoshioyaji | 2017-11-20 23:42 | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 05日

誤って記事を削除してしまいました。

7月3日付けの787到着時の記事、携帯端末での操作を誤って、削除してしまいました。
皆様から頂いた貴重なコメントを失ってしまい、申し訳ありません。

皆様からのコメントはこのブログの大切な財産ですので、残念でなりません。

これからは操作取り扱いには十分に注意していきます。

ごめんなさい。

by yoshioyaji | 2011-07-05 08:33 | Trackback | Comments(2)
2011年 03月 16日

自然とは

多くの命と数十万人の生活を一瞬にして流し去ってしまった自然の力。
それにに立ち向かった結果ではなく、ただそこで生活を営んでいただけのところに、無慈悲な自然現象が起こりました。
巨大なエネルギーを発する自然に比して我々の無力さを感じ、また被災された方々のために何をしたらいいのかも思いつかぬ自分を考えながら、この数日を過ごしてきました。

2年前に鉄道乗車のために何度か足を運び、美しい海岸線にため息をつき、女川駅の近くのお店で買ったハムカツをほおばり、石巻駅で楽しそうな学生の一団を眺めたりしたのが思い出されます。

元の姿に戻ることは不可能でしょうし、失われたものは戻ってこないですが、皆様が安息の日々を取り戻されるようお祈りするばかりです。
e0158916_23295529.jpg


by yoshioyaji | 2011-03-16 23:34 | Trackback | Comments(2)
2010年 04月 05日

カンパーイ

桜が咲いたら一気に寒くなりました。
そんな寒空の週末、娘の用事につき合わされました(要は運転手さん)。
たまたま以前からカワセミさまが登場すると聞いていた公園の近くだったので、
待ってる間に覗きに行ってみました。

お花見の人で盛況な公園内で、三脚立ててる方が数名。
カワセミの出番待ちと伺い、お邪魔させていただきました。

しばらく待っていたら、どこからともなく主役登場です。
e0158916_1181312.jpg
常連の方によると♀だそうです(どうやって見分けてるんでしょう?)
手前の枝...

ここから数回池にダイブし、別の枝からも飛び込み、ホバリングも数回とサービス満点でした。
が、写真はすべて空振り。そもそも画面に入っていないし、数枚かろうじて入るも激しいピンボケで
「なんか青っぽいのが写ってるなあ...」という悲惨な状況でした。

超望遠で飛び物撮ってる人はすごいや。尊敬いたします。

サクラの枝にも留まってくれるという大サービスも何度かありました。が...
e0158916_125349.jpg
いずれも立ち位置が悪く、空抜け、逆光といいとこなし。
こういう場合は躊躇することなく立ち位置を変えなければいかんのですが、フットワーク悪すぎます。

途中からもう一羽登場。
常連さんによると番の相方だそうです。
2羽は同じ木にいましたが、同じ枝に留まることなく、すぐに♀は姿を隠しました。
常連さんによると林の中から囀っているそうです。

e0158916_130865.jpg
♂くん、登場したとき嘴に土がついてました。
穴掘り巣作りの真っ最中なんですね。
もちろん一回ダイブしたらすっかりきれいになっていました。

いや~、それにしても飛んでるところは完敗でした(^^:
これまでサンヨンや100-400では数打つ中になんとか画面に納まったものもありましたが、
ゴ・ヨン様では掠りもせず...
せっかく手に入れたのだから、何とかしてものにせねば....

by yoshioyaji | 2010-04-05 01:41 | Trackback | Comments(6)
2010年 01月 12日

道のりは遠し

本栖湖での朝焼け富士山を狙ったのですが、期待するほど空が赤くならずで落ち込みました。
でも湖面から湯気(?)が上がり始めたので、対岸に移動し、湖畔へ降りて見ました。
なかなか面白い風景と思い撮っていたら、突然足元の水面から水鳥が離陸しました。
e0158916_230436.jpg

驚かせてしまったようで、失礼いたしました。

さて、ゴ・ヨン様が気になるところなんですが、まずは資金をなんとかしないと始まりません。
手元の貯金眺めてると、B&Hなら新品でもいけそうです^^;
ところがうまくいかないもので、これから半年の間に通勤号、お買い物号、おじさん号と3台車検なんですよねえ。
いずれも持ち込みユーザー車検の予定なんで格安ですが、3台続けてとなるとつらいす。
おじさん号の任意保険もやってくるんですが、これがバカ高い...
4月の末には自動車税の支払い...
おじさん号と通勤号はそろそろタイヤ交換しないとなあ...
通勤号は通勤に使わなくなったのですが、これがなくなると移動の手段がなくなるし。
やっぱりだめだぁ....orz

by yoshioyaji | 2010-01-12 23:08 | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 05日

1月2日の富士山-2

前に書きましたとおり、赤富士が雲にさえぎられてすっかり意気消沈していました。
予定では朝日に染まる富士山撮ってから、勢いで成田でも行くか、位の心意気だったんですけど...
ま、せっかく遠くから来たわけだし、時間もあるので普段なかなか行くことのできない山中湖側へ向かいました。

ガイド本に出ている定番撮影地「平野」でしばらく撮影。
午前中は順光気味で撮れるんですが、すごく普通な富士山が撮れます(笑
雪の白がものすごくまぶしいので、露出が難しいですね。
富士山撮りの方がフィルムにこだわるのに合点しました。
e0158916_21585669.jpg
この大きくえぐれた部分は横浜側からは見えないので興奮して何枚も撮ってしまいました。
その脇を縫うように設定されている登山道がおもしろいです。夏は登山者のライトでジグザグ模様が出現するそうです。

昼過ぎると完全に逆光となるので、撮った写真はどれも低コントラストの青っぽいものばかりになってしまいました。
この辺は少し勉強しないとうまく越えられないようです。

ま、ここまで居たので、夕焼けに浮かぶ富士山を撮らずには帰れません^^;
家に連絡したら、「ごゆっくりどうぞ」と、あてにされていないことを確認しますたヽ(´Д`)ノ

太陽が山の向こうに沈んだ直後、望遠レンズを覗いていたら山頂に沸いている雲に色が付いているのに気がつきました。
e0158916_22152225.jpg
e0158916_2215436.jpg

写真もそのままではほとんど色が見えませんので、明度を下げて彩度を上げて色を強調しています。
これはプリントしたら家族にも評判良かったのでうれしかったです。
ズームの400mmで撮ったものですが、単焦点の超望遠だともっときれいに写るのではないかと思われます。うーん気になる。

その後、暗くなったら夜富士だベ、とさらにあちこち撮り歩いてから帰宅しました。
出先で野食3回(ラーメン、おでん、おでん)。やればできるもんだ。
それにしても寒かった...

by yoshioyaji | 2010-01-05 22:15 | Trackback | Comments(4)
2010年 01月 03日

1月2日の富士山-1  山の天気は変わるorz

1月2日未明から富士山の周辺を思いつくまま彷徨してきました。

まずは朝焼けの富士山を狙って、山の東側を目指しました。
この方角の夜撮りの場合、山の中腹にあるスキー場の照明がネックでなので、その光が直接入らないところを探します。
十里木のあたりを走り回っていたら自衛隊の演習場入り口あたりがよさげだったので、腰を落ち着けました。
車載の外気温計はマイナス10度。寒いっす。

e0158916_22144959.jpg
この時間、満月が上空にあったのでかなりの照度がありました。
現地では気がつきませんでしたが、地面の氷が反射で光ってます。

車内で寒さをしのぎ日の出を待ちました。
6時を回ると東の空が明るくなりましたので、機材を設置。
目の前の富士山が淡いピンク色に染まってくるのが見て取れます。
さて、写真をと思った瞬間、どこから沸いてきたのか雲が山を取り囲みます...
e0158916_21315436.jpg
今まで360度晴天だったんですけどねえヽ(;´Д`)ノ
あっという間に山全体が雲の陰...

e0158916_21333137.jpg
日が射し始めたと思われたとき、山の下側の雲が切れました。
雪がオレンジ色に染まってます。
しかし山頂部は見えず...

e0158916_2136257.jpg
山が再び姿を見せたときにはオレンジ色は消えて、普通の光線をまとった富士山がコンニチワ。

その後雲はどこかに飛んで行き、その後一日快晴が続きました。
朝焼けの20分間だけ、わさわさっと湧いてきて消えていきました。

山の天気ってほんとあっという間に変わるんですね。

このあたりを移動中、路上でシカの群れに何度か遭遇しました。
一度はカーブの先の路上に2頭佇んでいて、ぁーだめだぁ!と覚悟しましたが、間一髪止まりました。
あぶにゃ~ところだったずら。
通勤号でスピード出てなかったから止まれましたが、おじさん号だったら間違いなく衝突してましたヨ(;´Д`)
その2頭、逃げるでもなく、そのまま道の真ん中に立ち続けています。
こっちは必死で止まったんだから、申し訳なさそうに立ち去るくらいしてもよさそうですが...
クラクションをプッと慣らしたら、ケッという感じでこちらをチラ見して悠然と林に消えていきました。
今考えたら写真撮っておけば良かったなあ。

by yoshioyaji | 2010-01-03 21:48 | Trackback | Comments(6)
2009年 11月 05日

駅練

空港の帰り、まだ日が高かったので意を決して駅撮りにチャレンジ。
入場券を買ってホームに上がると三脚+超望遠の方々がズラっと陣取りしてました。
(ここの駅ホームは三脚オケーなんですね)

たぶん黄色いやつか500系狙いでしょう。
何が来るのかわかりませんがラッキーかも。

すでに陣取りしている人の邪魔しちゃいかんので、あいてるところ探してたらホームの先端に来てしまいました。
ここにはお二人が三脚設置してましたが、私は手持ちなので、後ろから隙間を狙わせていただきました。

練習1 700系がやってきました。
e0158916_23231953.jpg
ど真ん中に来てしまいました orz
もう少しカメラを上に振らないとだめですね…
あと左の空きをなんとかしないと…

練習2 下り列車通過中に300系が来ました。
e0158916_23255633.jpg
こりゃあちょっとカメラを上に振りすぎました orz
手持ちだと列車の動きを追ってしまうのでなかなか思いどうりになりません…

練習っちゅうか本番 向こうのカーブの先に青っぽい車両が見えてきました~♪
皆さんのお目当ては500系だったんですね。ラッキー。
e0158916_232831100.jpg
また真中に来てしまい、日の丸構図になりました orz

当然振り返って後ろ姿も撮りました。
e0158916_23342916.jpg
これが一番おさまりが良かったかも^^;
もう少し早くシャッタ押していれば良かったかな…
いやいや、鼻先に影が落ちてしまったのでゴミ箱に入れたんだった。

この500系は15:58に通過しましたが、ホームには退避のこだまはいませんでした。
被らないから皆さんホームの真ん中あたりで三脚設置していたんですなあ。

後で調べたら「のぞみ28号」だったようですが、11月10日からN700とありますorz
しばらく残る500系ののぞみ6号は10:58ごろ通過だと思いますが、微妙な時間だなあ...

by yoshioyaji | 2009-11-05 23:31 | Trackback | Comments(4)
2009年 09月 08日

新幹線に挑戦orz

夕方時間があったので、新幹線撮りにチャレンジしてきました。

構図が全然だめっ!,てのはおいといても、やはり速度が速いので捕捉すること自体がたいへんで。
まあ難しいこと。

恥ずかしながら、やっとこ収まったのを記録用に貼ることにしました。

課題は「どんな絵にしたいのかイメージがない」「列車がもう少し下に来るように」ってことで、
また次回修行に行こうと思います。
どんな絵にしたいか、はセンスの問題なんで難しいですけどねえ...
技術的にはピント位置の設定と、カメラを正しく振る、水平をたもつなど基本的なことに気をつけないと...

e0158916_14153587.jpg
まずは700系。列車の位置がど真ん中に来てしまいました。
もっと低い位置に持ってこないとorz

続きます

by yoshioyaji | 2009-09-08 14:59 | Trackback | Comments(4)